母のレース編み~プライベート編

こんにちは。
ホームステージングTOKYOのホームページをご覧頂きましてどうも有難うございます。

今回もプライベート編です。
プライベートなお話ばかりだとホームステージングの仕事をしていないのかと思われるかも知れませんがそんな事は決してございません。
ブログに書けない事例もありますからね。
その辺はどうぞご理解下さいませ。

先日、87歳の母からレース編みの作品をもらいました。
それがとっても綺麗なのでこちらで披露させて下さい!

マルチカバーは山荘のソファーに掛けました
レース編み拡大

一番の大物はマルチカバーでした。
何と仕上がりまで2年もかかったそうです。
とっても細かいレース編みで、よくこんなに大きな物を作れたと感心してしまいました。
これは山荘のソファーに掛けましたが色もサイズもぴったりでした。

花瓶敷きは沢山もらったので家中の花瓶に敷いてみました。


とても綺麗な真っ白い花瓶敷きなのでどんな色の花瓶にも合い花の邪魔になりません。
ホームステージングの現場は殆どが単身用で、特に最近は男前なインテリアが流行りですからモノクロで直線的なインテリアを取り入れる事が多いのですが、実はプライベートではクラシックが好みです。
エレガントなフラワーやシャンデリアが大好きです。
前回のブログで書いた通り他拠点生活なので花はアーティフィシャルフラワーかドライフラワーです。

最後はコースターです。
母が言うにはコップの底にくっ付いてくるからダメだそうですがとっても可愛くて綺麗なのです。

コースター

高齢の母がいつの間にこんなに編んだのかとびっくりしています。
昔、レース編みが流行ったのできっと覚えていたのでしょうが肩が凝ったり目が疲れたりしなかったのでしょうか。
大切にしたいと思います。
お母さん、どうも有難うございます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。