大家さんがやるべきだと思う事

さて今年も繁忙期に入りましたが大家さんの皆様の物件は順調に入居が進んでいますか?
いや、まだだと言う方も大丈夫、本番はこれからです。

昨年(2021年)の秋頃から東京23区内の賃貸物件が決まりにくくなってきたという感じがしています。

それまではホームステージング後1ヶ月以内に決まる事が多かったのですが1棟物だと2、3ヶ月の延長も珍しくなくなってきました。
コロナ禍での都心離れや収入減少などを考えれば当然とも言えます。

ホームステージングは同じ様な条件のお部屋を見比べた場合には断然、印象に残る事は間違い無いのですが、どんなお部屋でも決まってしまう魔法ではありません。
ましてこのコロナ禍で引越しをしなければならない方であれば、お部屋選びは慎重になっている事でしょう。
じっくりと冷静な目で見極めようとするはずですからホームステージングをしたからといって相場以上の家賃のお部屋や贅沢なお部屋は敬遠されてしまいます。
ここ最近で決まりにくいお部屋の特徴としてその様な傾向が顕著に見受けられます。

それと売買物件がそうである様に賃貸物件に於いても新築信仰が薄れている様に感じます。
新築プレミアムの付いた贅沢品よりも古くても値頃感のあるお部屋に人気が出るのは何となくSDGsの考え方が広まっている世の中の流れを反映している様に思えます。
メルカリなどが広く活用されている様に多くの人が新品に拘らなくなってきているのですからお部屋だって新築信仰が薄れてきていても何の不思議もありません。

私は築40年超の賃貸物件を保有している大家でもありますが、常に満室です。
立地も陽当たりも良く内装リフォームもばっちりやっていますが築古の為、家賃は安めに設定しているので借主さんにはお得感を感じてもらえるのだと思います。
やはり新築というだけで強気の家賃設定をするのは現代の借主さんの気持ちに添っていない様に思えます。

あとは他に決まらない原因が掴めない時には、きちんと募集されているか確認する事をお勧めします。
ポータルサイトを大家さん自ら検索して、方位や設備などに誤りが無いか?ホームステージング後の綺麗な室内画像が載っているか?などを確認してみると良いと思います。
これは意外と重要な事で、私も所有している物件が1ヶ月以上決まらない時に不思議に思って検索してみたところ、管理会社が誤って南向きの部屋を北向きと記載していた事があります。
訂正してもらったら直ぐに入居が決まりました。
自分の物件にこんな重要事項の初歩的なミスをされているとは私も含め大家さんは想像しないと思いますが、管理会社の人は沢山の入力作業をこなしているのでミスをするんですね。。
任せっきりにしているとこういう事もあるのでどうぞお気を付け下さいませ。
それに物件の事は管理会社の人よりも大家さんご自身の方が詳しいので細かい設備面などは特に良くチェックされると良いと思います。

エントランスなども綺麗に片付いていると好印象を持たれますが、エントランスの印象が悪いとお部屋にたどり着く前に対象外になってしまいます。
物件前の道が散らかっていたら掃除をして、エントランスが暗い雰囲気なら人工の花や観葉植物を置いたり、壁にアートパネルを飾ると印象が良くなります。
借主さんの気持ちになってご自分の物件を眺めてみると良いかと思います。

この繁忙期に良い結果が出ます様、大家さんも頑張って下さいね!
私も一生懸命、ホームステージングでお手伝いさせて頂きたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。