現役オーナーが自分の物件にホームステージング~2週間で入居申込み

弊社は「現役オーナーが始めた賃貸物件専門のホームステージング」とうたっております通りオーナーとして賃貸物件を所有しております。

さて先日、持ち物件の一室が空室になりました。
いつもは退去前に次の入居者が決まってしまう事もある程の人気のある部屋です。
募集サイトに載っているホームステージング後の室内画像を見て申込みが入るのです。
だから実際には空室の度にホームステージングをする事はありませんでした。

ところが今回は退去後1ヶ月経っても次の入居者が決まりません。
不思議に思いながらも久しぶりにホームステージングをしました。
そして何気なく募集サイトを見てみると………ガーン!!
南向きで陽当たりの良さが自慢の部屋なのに「北向き」と表示されているではありませんか!!
これでは多くの人が陽当たりの良さを好むのに選択肢から外れてしまいます。
内見者が来ないのもこれで納得です。
直ぐに管理会社に連絡して訂正してもらったのは言うまでもありません。

それから2週間が経ち入居申込みが入りました!
方位を訂正したからなのかホームステージングをしたからなのかその両方なのか分かりませんがとにかく良かったです。
管理会社に任せていても大家も募集サイトをチェックしないといけませんね。
大反省です。
満室になるとほっとします。
大家さんならお分かり頂ける事でしょう。

ここからは余談です。
ホームステージングから少し話がそれますが当ホームページは賃貸物件のオーナー様もご覧になっている事と思います。
オーナー様向けに少しお話させて下さい。

実はうちがお任せしている管理会社は自社のみで客付けをする方針の様で(勿論はっきり言われた訳ではありません)基本的にレインズ(不動産業者が見る事が出来る募集サイト)には掲載していません。
それは管理会社が仲介手数料欲しさに他業者に客付けさせたくないからです。
他業者が客付けすれば仲介手数料は他業者の方に入ってしまいます。
それでも今までいつも客付けが早かったのでその件に関しては結果オーライでこちらも黙認していました。
さすが大手の会社さんだとそこは関心します。

私は不動産会社で働いていたので色んな事情が分かりますが普通の大家さんは任せている管理会社が効率良く募集活動をしてくれているのか知る事が出来ません。
だからせめてスーモやアットホームといった誰でも見る事が出来る募集サイトは確認しなければなりませんね。
私もそれで方位の誤りを発見出来たのですから。

そして空室が長引いた場合には管理会社は他業者にも客付けを許可して欲しいものです。

私は今回、募集が長引いたので担当者にレインズへの掲載希望の意思を伝えました。
私の物件を自社だけで囲っていないで他業者にも客付けを協力してもらって早く空室を埋めて下さいね、という意味です。
と言ってもこの管理会社はレインズに載せる事が出来る募集図面や室内画像を載せず、殆ど何も分からずの形だけの掲載しかしませんから他業者が見ても殆どスルーするだけでしょう。
一応オーナーの言う通りにしましたよ、と言える状態にするだけです。
それでも他業者にも客付けオーケーという意思表示をした事になるのでもしレインズを見た他業者から問い合わせが来れば断れなくなり少しはプレッシャーが掛かります。
売買物件はレインズへの掲載が義務付けられていますが賃貸物件は義務では無いので載せずに自分の会社の社員だけで客付けをしようとする会社も存在するのです。
主に大手といわれる賃貸管理会社が多いです。

この様に多くのオーナー様は管理会社がオーナー様よりも自社の利益を優先して動いている事を知りません。
注)全ての管理会社がそうではありません 笑

もしオーナー様が出来る事を全てやっているのに空室が長引いてしまった時には管理会社の募集方法を調べたり担当者に詳しく聞いてみる必要があるかと思います。
もっとも担当者は本当の事を言わないかも知れませんがオーナー様が本気で知ろうとしている事が伝わればプレッシャーを感じて一生懸命に客付けするべく動いてくれると思います。(普通は)
空室期間が長引いてオーナー様から疑問の声が届けば管理会社はオーナー様からの信用を失う事になるのでそれまで自社で抱え込んでいたとしても他業者にも客付けを許さざるを得なくなるでしょう。(普通は)

空室はオーナー様にとっては本当にストレスの元です。
やれる事は全てやって一日も早く解決させてすっきりしたいものですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。