三角形のお部屋にホームステージングをしたら申込み殺到!?

こんにちは。ホームステージングTOKYOのホームページをご覧頂きましてどうも有り難うございます。

さて先日、新築アパートの一室にモデルルームとしてホームステージングをさせて頂きました。

何種類かの間取りの中で一番、募集に苦労しそうな三角形のお部屋です。
いつも空室が沢山ある場合には最も客付けが難しく最後まで残ってしまいそうなお部屋にホームステージングをさせて頂く様、ご提案しています。

ところがホームステージング後、予想に反してこのお部屋にばかりピンポイントで申込みが殺到していまったという事だそうですから驚きました。

さてそれではどの様なホームステージングをしたのかご説明させて下さい。

何だか使い辛そうな三角形のお部屋ですが「ベッドをメインにしたホテルライクな生活」をコンセプトにしました。

仕事から帰宅したら先ずはベッドに腰を下ろしてネクタイを外す。ゆっくり雑誌を読んだりコーヒーを飲んだりとベッドが寛ぎの中心にある生活です。
そんな都会のホテルで過ごす様な優雅でお洒落な生活をイメージして演出しました。

リビング
ベッド

普通の四角いお部屋だと大概、壁際にベッドを置くスペースが有るのですがこのお部屋では壁に付ければ動線を塞いでしまうので部屋の真ん中に置くしかありません。
寝る時にしか使用しないベッドが部屋の真ん中にあると邪魔な感じがしますがお洒落に演出すればシティホテルの様に見えます。
ベッドメイクも室内の小物類も高級感を演出しました。

リビング

部屋の奥にはキッチンがありますからデスクを置いたスペースは実際の生活では冷蔵庫置場になるかも知れません。必ずしもリアルな生活とは一致しなくてもお客様の第一印相に訴える事を優先した配置をしています。

ホームステージングで一番大事なのは一日も早く空室を埋める事に尽きると思います。
依頼者であるお客様のご要望は常にそこにありますのでとにかく結果に繋げる事が重要だと私どもは認識しております。

先ずはターゲットを的確に設定し内見者が室内を見た瞬間に新生活に夢や憧れを持って頂ける様に心掛けています。

ワンランク上のお洒落な生活をイメージして頂ける様にアイテムには特に気を配ります。
誰が見ても百円ショップで買ったと分かるような物が1つでもあると夢が壊れてしまいます。

三角形のお部屋も家賃5万円台ですが高級ホテルの様な演出をした事で夢が膨らみ直ぐに申込みに繋がったと思っております。

ホームステージングを扱う会社は増えてきましたがホームステージングに対する考え方は色々です。
私どもは熊谷佳子先生にご指導頂いたカラーコーディネート、フラワーコーディネート、テーブルコーディネート、インテリアスタイルの基礎知識、生活感の消去や引き算のインテリアといった考え方を大切にしています。
店舗のインテリアに精通した熊谷先生の洗練されたノウハウを全くぶれる事無く忠実に守り続けています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。